お金を借りてくるという事は返さなければいけないという事

現代社会に生きる人々にとって、【お金】は生きていくうえでなくてはならないものになっています。
原始時代の人間にとってもお金に代わる物は存在していて、何かを得るためにはその対価が必要だったわけです。
それが人類の進化と共に、汎用性の高い、そして共通の対価として価値のある【お金】という物に進化してきました。
その【お金】が更にシステム的な進化を遂げ、持っていなくても欲しいものを手に入れる事ができる仕組みが出来ました。
それが【借金】です。
これは言い方を変えれば、「今は無いけどこういう方法でいつまでにどのくらい払う」という約束をする事で、現金の代わりに扱えるような仕組みを作ったという事で、いわば約束手形の様なものです。
売り手からすれば、単なる約束なのですから、その約束が確実なものなのか、不安になります。
これが知人であったり、親しい間柄であればまだしも、見たことも無い見知らぬ土地の人間であったりしようものなら、なおの事不安になりますよね。
そこで、生まれたのがクレジット、ローンと言った考え方であり、売り手に対してお金を先払いして、借り手からは手数料を取ってお金を回収するという、ビジネスです。
横文字になろうが、どんな言い方をしようが、要はお金を借りるという事には変わりありません。
この根本的なこと、「借りたものは返す」という事を理解している事が借金の大前提と言えます。

 

それを理解しているならば、借金は上手に活用することで、より有意義に豊かな生活を手にする事が出来ます。

 

このサイトでは主にキャッシングやローン、消費者金融について、総合的な情報をまとめています。

 

皆様の借金ライフ?のお役に立てれば幸いです。

更新履歴